【公務員試験】地方上級の面接に挑んできた。雰囲気や質問など

ひとりごと

こんにちは好きなメダルは金メダル

スノフキンです

先日公務員試験地方上級の最終面接を受けてきました

僕が受ける公務員試験の流れは

  • 6月中旬旬:1次試験(筆記)
  • 6月下旬:1次合格発表
  • 7月中旬::2次試験(論文)
  • 7月下旬:2次試験(面接)
  • 8月中旬:最終合格

今回は2次試験の面接試験をやってきて感想や何を聞かれたのかをお伝えしようと思います

雰囲気

面接時間は約40分

面接官は4人でした

雰囲気は和やかな人もいればやや厳かな人もいる感じ

入室の仕方や荷物の置き場所は事前に丁寧な説明があり、かなり助かりました

どんな質問だったか

全体的には事前に提出したエントリーシートについての内容がほとんどでした

絶対に聞かれるであろう志望動機は最初には聞かれず、最初は部活のことであったり、バイトのことを聞かれたのは意外でした

「部活動であなたはどのような立ち位置、役割を担っていましたか?」

「バドミントン部での活動は公務員にどのように生かせると思いますか?」

「バイトで何か困難なことはありましたか?またその時はどのように乗り切りましたか?」

「バイトは週に何回くらい入っていましたか?」

「友達と意見が対立した時はあなたはどのように対応しますか?」

最初にバイトや部活のことを聞かれたので自分的には少しホッとしました

その後は自分がどのような人物なのか

「あなたの性格はどのような感じですか」

「あなたが直したいと思っているところはありますか」

「どのような場面でストレスを感じるのか」

「またストレスをどのように解消するのか」

などなどストレス耐性が大切なのかと思います

続いて公務員と企業系の質問

「その他の公務員や一般企業との併願状況を教えてください」

「なぜ公務員がいいのか」

あとは採用された後のこと

「希望勤務地、希望部署の理由は」

「思い通りの勤務地、部署にならない場合は大丈夫か」

「採用された後に何をしたいか」

などなど基本的にエントリーシートの内容がメインであり、奇抜な質問は特にありませんでした



まとめ

もっとズバズバ文脈なしに質問が来るのかと思っていましたが

かなり会話のながれがスムーズで自然な感じで話すことが出来ました

僕は面接の練習はせずに挑んだのでかなり不安は大きかったですが会話なので思ったよりすらすらあることないこと話すことが出来ました

対策としては練習はしたほうがいいですし、しっかり調べていくことは大切だと思います

ただ練習するよりもその県や市の活動や取り組み、自分がやりたいことを考えておくほうが優先度が高いように思います

市役所は一次の筆記で落ちていました。

県庁も面接まで終えて結果待ち

もう自分はすることが何もないので落ち着かないです

合格してるといいなあ

ごきげんよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました