【公務員試験】地方上級の一次試験を受けてきました。感想や思ったことなどなど

ひとりごと

こんにちは好きな調味料はマヨネーズ

スノフキンです

アイキャッチ画像は平川動物公園のアライグマで~す

先週に国家一般試験に続き2週連続の公務員試験!過密日程が続きます

自分は鹿児島なので区分的には全国型の試験になります

教養試験(50問):2時間30分

専門試験(40問):2時間

国家一般に試験は教養40問だったのに対し地方上級は50問でした

問題用紙は持ち帰れませんでした

そしてなんとマーク式ではなく,解答の数字を手書きで記入する様式でした

採点が大変そう💦

1日スケジュール

  • 9時:着席
  • 9時30分~12時(教養)
  • 12時~13時(お昼休み)
  • 13時20分~15時20分(専門)
  • 15時20分終終了


教養

教養は2時間30分50問でした

つまり150分で50問

1問当たり3分

これはなかなか厳しい!

と思いきや国家一般の時よりは時間に余裕がありました

時間に余裕があったと言ってもパッと見難しそうな問題は3~4つは飛ばしました

どちらにしろ時間が厳しいことには変わりありませんでした

国家一般よりも社会や経済、数学、理科などの問題の少し増えましたがそこらへんはあまり時間は取られませんでした

一番時間が取られる英語や国語の文章理解ですがこれは問題文が短かったこともあり時間に余裕が出来たのかと思われます

難易度として標準レベルで参考書程度でしたがやはりマイナンバーカードの問題やアメリカ大統領選挙の問題など時事問題が目立ちました。

日頃からテレビのニュースやネットニュースに関心を持って調べる。ってのも勉強の一環だね



専門

専門は農業で受験

参考書と違った点が一つ

グラフや表を見てその実験結果から植物の特性を探す問題が数問出ました

この問題形式は新しいものでした

論文などを読み、そこに何が書いてあるのかを理解する能力が問われていたように思いました

問題は幅広く出題されていましたが植物ホルモンなどの植物生理学系は多めで、畜産系の問題は少ないように思いました

時間はたっぷりあり、考えることはできます。

早くできた人は途中退出する人もいました



まとめ

いままで勉強したことは出せたかなと思いますがもう少し細かいところまで覚えていたらわかったのに!という問題もあり悔しいかったです

問題用紙を持ち帰れないので自己採点が出来ないのが歯がゆい

次の試験は市役所の予定ですが本命がこの県庁だったので少し達成感があり、今はモチベーションが下がっています

市役所まで数週間は勉強しようと思っていますが参考書を開くのも億劫になってしまいそうです(笑)

地方上級は面接の配点もかなり高いのでその対策もしていかなくては...

まだまだやることがありそうです

合格して夏を全力で満喫できる日が来るのが待ち遠しいばかりです

ごきげんよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました