今年初めてのバドミントンの大会。相手は超強豪埼玉栄高校出身の選手!やはり勝負強かった

バドミントン

こんにちは好きなギミックはアンチ魔法陣

スノフキンです

今年初めての大会に出てきました。

結果はダブルス2回戦負け、シングルスは3回戦負け(ベスト16)

ダブルス

ダブルスは一回戦は不戦勝、いきなり実業団との試合。相手ペアの一人は元早稲田大学でインカレ準優勝の選手。もう一人はTagokenのYouTubeでおなじみのクリロナさん

二人とも天下の埼玉栄高校出身です。

格上ということはわかっていたので胸を借りるつもりで臨みました。

相手は絶対にミスが少ないのでこちらの自滅だけは避けられるように取り組みました。

格上と戦うときは自分のほうがミスが多いと絶対に勝てないからね

結果はしっかり覚えていませんが

14-21  11-21くらいで負け

このレベルで試合が出来ることはなかなかないので率直に楽しかった!

どれだけ打っても返ってくるし、しっかり前衛で触ってくるしやっぱり強いなと思いました。

特に印象に残ったのがサーブから3本目までのうまさとドライブの強さ。

サーブが上手いのはもちろんサーブプッシュも丁寧でしっかりフェイントもしてきます。また3本目の返球(サーブプッシュレシーブ)の処理がかなりうまく追いついている印象でした。

こちらのプッシュに対してしっかり逆サイドに沈めてきました。サーブ周りで劣勢に立つのでなかなか攻め切れませんでした。

あとはドライブの強さ。

小さいコンパクトなスイングから強いドライブが来るので押し込まれました。

こういった攻めは自分もマネしていきたいな

終盤連続で流れのまま点数を取られてしまったことは悔やまれますが

試合前に意識した自滅しないという心構えを実践できたように思えるので全体的にこの試合は満足



シングルス

シングルスは一回戦はなく、二回戦から。

二回戦は21-12  21-8くらいで勝ちました

三回戦はダブルスで負けたクリロナさんとシングルでも対戦!

無限にラリーしようと覚悟を決めて臨みました!

結果は17-21  18-21で負け

悔しかったですね~

2セットとも我慢の展開

クリロナさんもシングルはあんまり動けていなかった気がしますが長いラリーになりました

結局2セットとも終盤に抜けられました

お互い我慢しながらプレーしていましたが、最後まで集中力を発揮したクリロナさんが強かったです

終盤にクリロナさんも「我慢!我慢!」と自分を鼓舞する声が聞こえました

見ていても強い選手はたくさんいますが勝負所で力を発揮する選手はやはり強豪校出身の選手が多いように思います。

今まで勝ってきた回数が多ければ多いほど「勝ち方を知っている」要所を閉めることが出来る

強豪校が強豪校たる所以はこういうところでしょう

正直我慢比べだけの試合だったので楽しくありませんでした

自分はショットが鋭いわけでも背が高いわけでもない

シングルスはたくさんして我慢してラリーをし続けるしかないなかで我慢比べで負けたことは悔しかった~



まとめ

※動画は去年のやつ

久しぶりの大会は少し緊張しました

去年はTagokenのYouTubeでおなじみのJooさんに負けて今年はクリロナさんに負けて毎年Tagokenファミリーにやられてる気がする...

シングルの課題は後ろのフットワーク

フォア奥の細かいフットワークと小さいスイングからの角度ある鋭いショットを出来るようにしないと

あとラウンド側はもう少し背中を反って入り込む打ち方が出来るような気がしている

ほかにもロビングがコントロールできていない感じがしたので修正していきたい

フォア側のスマッシュレシーブも...

課題がたくさん見つかったのはまあよかったのかなと!(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました