【バドミントン上達法】バドミントンがうまくなるための1つの方法

バドミントン

こんにちは好きなふりかけはゆかり

スノフキンです

バドミントンは幅広いレベルで楽しめるスポーツです。

もっと上手くなりたい!強くなりたい!と思っている方なら参考になると思います

結論から先に言うとバドミントンが上手くなる方法は

「練習」です

なんやそんなことか、もっと裏技みたいなものが欲しかった

こんなこと言われそうですが練習が大切なんです!

つまり、どれだけたくさんシャトルを打ったか。どれだけたくさん動いたか

これに尽きます。

とりあえず量が大切だということです

この記事では練習とはどういうことを言うのか、いかに練習が大切かということばっかり書いていきます(笑)

能力を伸ばすのは練習

能力を伸ばすためには練習量が大切です

  • スマッシュが速い選手はたくさんスマッシュ打った人
  • レシーブがうまい人はたくさんレシーブを受けた人
  • ドライブが強い人はドライブをたくさん打った人
  • 動ける人はたくさん動いた人

シンプルといえばシンプルですがこれが大切

ここでの注意点としてはただただ打てばいいわけではなく、スマッシュは全力で打つ、ドライブも強く打つ、のような質も大切ですが

でも何もしないよりはとりあえず量をこなすことのほうが100倍マシです

アドバイスではうまくならない

アドバイスが悪いとは言いませんがアドバイスや話し合いではうまくなりません

YouTubeで世界チャンピョンのフォームを確認できたり、試合が見れたりたくさんの上達のコツが落ちています。

ただ自分が動いて練習しない限り上手くなりません

うまくなった気がしているだけです

人は何を考えたかではなくなにをしたかで功績が決まります

机の上で頭をひねるより実際にコートで動き、シャトルを打つことで得られる感覚を大切にしてほしいです

勉強も実際に問題を解いて、復讐して、また問題を解いてのくり返しでできるようになるからね!

卓球の水谷選手のツイートです

上手くなる方法に近道はないみたいですね

上達するためにパターン練習を活用しよう

上達するには反復練習が必要です

しかし自由度が高いゲーム練習などは反復練習に向いていません

そこでパターン練習をうまく活用することで反復練習をします

例えばドライブ練習

片方をクロス、片方をストレートだけと決めてドライブを打ち合う練習があります

これはストレートとクロスを制限することでクロスのドライブ、あるいはストレートのドライブの頻度を上げて反復が出来るようになっています

たくさんクロスのドライブを打つことによってラケットの角度、体の使い方、力を入れるタイミングなどを掴みます

しかしゲーム練習だとそこまで一つのことに対して深く感覚を研ぎ澄ませることが出来ないためうまくなるという点ではゲーム練習は向いていません



呪術廻戦で特急呪物である漏瑚が五条先生の領域展開「無量空処」を受けたとき 漏瑚 は

「何もかも見える。すべて感じる。いつまでも情報が完結しない。ゆえに何もできん」

とおっしゃっています

つまり自由すぎると何もできなくなります

そこでパターンや制限を設け、行動を集中させ、頻度を高め、深い練習が可能となります

まとめ

今回何が言いたかったかというと

練習時間中は反省は置いといてコートと時間がある限り動いてシャトルを打とう!

という話でした

どれだけ考えたかではなく、どれだけシャトルを打ったか、どれだけコートを動いたかが上達への道だと思いました。

こんなことを言っていても人は何かしら「今日は疲れた」「まだ調子が上がらない」など理由をつけてしまいます。

とりあえず動け、そして打て♪

上手くなりたいひとはとりあえずコートで動いてたくさんシャトルを打ちましょう!

10000時間練習したら全く違う世界が見えていると思います!

ごきげんよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました