【公務員試験】地方上級に合格したよ。なぜ合格できたのか?勉強法や対策はなにをしたのか解説

ひとりごと

前々から受けていた地方上級の公務員試験の合格発表がありまして。

見事合格することが出来ていました

晴れて来年の春から公務員として働くことになります

ついに、ついに長かった学生生活に幕を閉じます

小学校6年中学校3年高校3年浪人1年大学6年

計19年!ともなろうとしている学生生活

学生生活は長ければ長いほどいいと思っていましたがさすがにもういいかな...

そんな話は置いといて...

この記事では

僕が公務員試験になぜ合格できたのか?

どんな勉強方法だったのか?

これから受ける人へのアドバイスなどを書いていければいいかなと思います



なぜ公務員試験に受かったのか

基本的には運がありました

僕は県の農業の区分で受験しました

農業区分は他の行政職と比べて倍率がかなり下がります

かつ今回の県の農業の募集人数がたまたまかなり多かった!

そんな感じでかなり運要素は有利に働いたかなと思います

そんな中でしっかり勉強して1次試験対策が出来たので合格したのかなと分析してます

今後公務員試験を受ける人に言えるとすると行政職は倍率が高いので農業などの専門職の受験は意外と穴場だと思います

自分の学部にそった専門職は狙い目です

また学部選ぶに関しても入りたい部署に沿った学部選びもアリでしょう!

勉強方法・1次対策ついて

僕は独学?でした

いわゆる公務員講座的なのは受けていませんでした

勉強は11月頃に始めました

試験は6月なので勉強期間は7カ月くらいですね

主に専門(農業)の勉強はこの参考書


この参考書を1日2章分

ページ数でいうと10ページ程度

これを毎日していました。ただ勉強時間でいうと1日1時間程度

これを7カ月くらいすると参考書は5~6周くらいできました

5~6周もするとだいたい答えも覚えてきますし問題にも慣れてきました

そして一般教養はこの参考書


この参考書は毎日というわけではありませんでしたがこまめにやっていました

特に数的処理は難しいので早めに取り掛かることがおすすめです

基本的にはこの2つの参考書だけで勉強しました

さらにおすすめなのがスタンディングデスク!


スタンディングデスクが良かった気がします

スタンディングデスクの効果や有効的な使い方 | ワークスタイル情報空間
近年、国内でも導入する企業が増えてきた「スタンディングデスク」。弊社では、その導入によって実感しているメリットが数多くあります。   今回は、スタンディングデスクの効果や有効的な使い方について、実例も交えながら...

勉強を始めるにあたり、11月頃に机を買おうと思い、調べているとどうやら普通の机よりスタンディングデスクがいいみたいでした

立っていると姿勢がよくなり脳にも血流がいき頭が働くそうです

また立っていると眠くなりにくいそうなので買ってみました

科学的には立ったり、座ったり体勢を変えながら勉強をすることも勉強効率が上がるそうです

ぜひともスタンディングデスクも使ってみてください



まとめ

合格していてホッとしました

緊張は1次試験の結果発表のほうが緊張しました

国会一般は1次試験の筆記は受かっていましたが2次は受けませんでした

またもう一つ受けていた市役所のほうは1次で落ちていました

やはり県庁の枠が多かったのはほんとに運がよかったです

これから公務員試験を受ける人へのアドバイスとしては

専門職が狙い目!枠が多い場所を選ぼう(笑)です

さらに専門職のほうが勉強が易しいように思います

僕の専門外の行政の試験などはほんとに複雑で覚えることもとてつもなく多い印象です

それぞれの試験内容などは上の記事で詳しく書いてあります

とりあえず来年から社会人になるみたいです

ほんとは働きたくありません

ごきげよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました