【バドミントン上達法】ダブルスでの良い前衛の定義とは?前衛に大切な「読み」を鍛える

バドミントン

こんにちは好きなお茶はトウモロコシ茶

スノフキンです

バドミントンにおいて「ダブルスが苦手です!」という人は前衛が苦手の人だと思います

後衛が頑張って打ってくれてるけど前衛で何をすればいいかわからない。

なかなか決めれずミスをしてしまう。

シングルとは違いスピーディーな展開が求められるダブルスではスピード感についていけなくて苦手!と思う方も多いと思います。

ダブルスが出来る・出来ないは前衛が出来る・出来ないと言い換えることが出来ます

この記事では良い前衛とはどんな前衛なのか、良い前衛になるための意識やポジショニングなどを解説していきます。

前衛を学び、ダブルスを強く、楽しくしていきましょう!



良い前衛とは

皆さん良い前衛は?と聞かれて答えられるでしょうか?

強いプッシュが打てる前衛でしょうか?

読みが鋭い前衛でしょうか?

監督としてインターハイ通算100勝を達成した元比叡山高校監督、藤上良信氏は良い前衛の定義として

【抜かれないこととおっしゃっていました。

抜かれない前衛とは前衛でカバーできる範囲が広く、しっかり止めてくれる前衛ということです

止めてくれることがわかっていると後衛も次の動作に移りやすいしね!



前衛で抜かれないための読み

すべてのリターンに対して反応していてはついていけません。

そこで前衛ではある程度の「読み」が必要になります

コートの中には様々な情報があります。この情報を探し、勘を「読み」にしていきましょう!

パートナーのショットからの「読み」

後衛からのスマッシュが速ければ速いほど相手はクロスへ打つのが難しくストレートへのリターンが増えます。

逆に軽めのスマッシュだと相手はクロスへリターンしたくなるものです。クロスを待ってみましょう

またパートナーのコースによってもはる場所が変わります

パートナーがクロス側へスマッシュを打った場合はしっかりそのストレート側を張りましょう

相手の構え方からの「読み」

まず見るべきポイントは相手の構え方です。

フォアで構えているのか、バックで構えているのか

大体はバックで構えるよう教えられるレシーブの構えですが女子の選手や中学生などの力のない選手はフォアのほうが強いリターンが可能なのでフォアで構えることも多くあります。

相手がフォアで構えているならクロスに来る確率はかなり高まります

パートナーの体勢からの読み

上の二つは攻撃に対しての「読み」でしたがこのパートナーの体勢ではる場所を決める守りの「読み」です

僕自身この味方の体勢による前衛のはり方が一番大切だと思っています!

例を挙げると

パートナーが勢いよくフォア側の球に飛びついてストレートスマッシュを打った場合、つまり体制が悪い時、前衛はクロスリターンは絶対に止めてあげらければなりません。抜かれるとかなり苦しい展開になります。ストレートにリターンが来た場合はパートナーが取ってローテーションすればいいだけです。

逆に

パートナーが十分な体勢で打った場合は返ってきやすいストレート側を思いっきりはってみても大丈夫です。

パートナーの体勢によって止めてあげる場所を決めるこの守備的な「読み」はとても大切です

パートナーがいるからこそシングルスにはできない思い切った「読み」ができるのがダブルスの醍醐味だね!



抜かれないポジショニング

抜かれない前衛になるためには守備範囲は広くあるべきです

そこでなるべく前衛のポジションを後ろに下げましょう

目安はシングルのホームポジションの少し前くらい

抜かれないようするためにはポジションを下げ守備範囲を広くする必要があります

野球でも守備範囲を広げるために深く守るのと同じことです

そしてすこしストレート側に構えるのが一般的です

まとめ

前衛の動きはテンプレートがなく様々な情報をもとに動かなくてはいけません

その場その場の判断は上記で記載した「読み」により実現できると思います

皆さんも前衛では抜かれないことを意識してやってみると前衛が上手くなり、ダブルスがもっとうまくできるようになると思います

Galleries | BWF World Championships

コメント

タイトルとURLをコピーしました